LosersFX

損切りが出来ない負け組のあなたに送る、FX勝ち組へ這い上がるための本気のブログ

FXで「負けている」と思ったら確認したい5つの原因と改善策

      2016/07/20

0

FXで稼ごうと思って多少の投資本を読むなどの勉強をして、いざトレードを始めて見ると思っている以上に「勝てない」という事実に気づくと思う。そうして安定的に利益を挙げられなくなり、負け組へと転落してしまう。

いざ負け組に転落してしまった後、なぜ負けているのか。という点をしっかりと突き詰めないと、そこから這い上がるのは非常に難しい。FXに限らず投資や投機は、勝てない理由よりも、負けている原因を突き止めて、そこを修正したほうが近道です。

負ける原因を突き詰めて改善し、負ける回数が減れば、運良く勝っただけのトレードでも利益が残るようになりますから。

ここに挙げる5点が、負けている原因の全てではないが、ある程度の参考にはなると思います。

 

 

1つ目「損切りのし過ぎではないか?」

損切りするのは大事なことだ。初心者はまず損切りしよう。

by とある初心者向けのFXセミナー

初心者向けのFX解説本や、初心者向けのFXブログなどで、よく言われていることが「損切りをしっかりとしましょう。」という文句。もはや、投資のイロハと言ってもいいほど、有名になっている前提的な言葉です。

もちろん、僕も損切りは非常に重要だと思っているし、否定するつもりはありません。ただ、損切りの意味について教えてくれるブログは意外と少ない。損切りすれば、勝てるようになるのか。

ここで怖いのが、損切りすれば勝てる。と、本気で思っている人です。もし、今負けているのなら損切りの回数や幅について、きちんと売買日誌から統計をとってチェックするべきです。

コツコツドカンなら、まだマシですが、もしも統計をとった結果、異様に損切りの回数が多いようなら、ポジポジ病に陥っている可能性が高いです。この病を患うとFXでトータルで勝ち続けることは極めて困難になってしまいます。

可及的速やかに、ポジポジ病は解消するべき病なので、以下の記事を参考に修正してみてください。

→ 分かっているのに治せないポジポジ病を、心のすり替えで治す方法

統計をとった結果、損切りの回数はそこまで多くないが、トータルで見ると利益が残っていない。という人は、おそらく無意味な損切りをしてしまっているか、売買ルールに優位性が無い可能性が高い。

→ FXで勝つために絶対に必要な損切りの技術的な手法の解説まとめ

そういう人は、この損切りの技法をまとめた解説記事から、ヒントを得るとパフォーマンスを改善できる可能性があります。僕個人としてはATRの1.42倍などを好んでいます。

 

2つ目「売買ルールに従っているか?」

10日移動平均線が20日移動平均線を抜けたら買う・・と決めたのに、「勢いがあるから取れそうだ、よし買おう!」などと、ルールを無視して取引してませんか。

FXはとても自由です。利確・損切り・エントリー・ルール、すべてが自由で、自分の裁量で決めることが出来る。だからこそ、ルールが必要です。ルールを持たずに相場に参加することは、銃や弾薬を何も持たずに丸腰で戦場を歩くことと同じです。戦場では命を落としますが、相場の世界では金が流れてしまいます。

  1. 日中は流動性が低いから売買しない
  2. 21時~23時の間だけ売買しよう
  3. 3本の移動平均線すべてがロウソク足より下なら買おう
  4. 疲れているなら参加せずに寝よう
  5. 大きな指標の時には参加しない

これらは一例ですが。売買に直接関係がなさそうなルールでもいいです。自分で何かしらルールを作って、それを守るように。機械のようにルールを守る

例えば、僕が負け組だった頃に実践していた売買ルールの一つに、損切り20pipsルールがあります。これは、エントリー、利確などのルールは一切なく、ただ20pipsで損切りするだけのルールです。このルールで自分を束縛した結果、エントリーを選べるようになりました。

エントリーを選べるようになると、無駄なエントリーが減り、結果的に利益の出たトレードの回数が負けたトレードを上回ります。こうすることで、利益が残りやすくなり、今こうして負け組を脱する上での、大きな一歩になっています。

 

3つ目「資金に対してリスクを取り過ぎていないか?」

トレードで勝つために必要な物は主に以下のとおりです。

  1. 手法(Method)
  2. メンタル(Mental)
  3. 資金管理(Money)

以上の3つの中で、意外と多くのトレーダーが忘れがちなのが資金管理のシステムです。実は、あなたが今負けているのは、単に資金管理が悪いだけかもしれない。使っている売買ルールはそれなりに優秀で、自身のメンタルにも致命的な欠陥があるわけでもない。

それなのに、負けている、あるいは資産曲線が不安定だ。確かに、大きく勝つのは快感でしょう。しかし、その逆も常に想定し、取るべきリスクをしっかりと把握し、最適なリスクを取ること。これが勝つために意外と重要です。

そして、マーケットの世界では発生確率の低い現象が、意外と起こってしまう世界。リーマン・ショック、日高ショック、LTCMの破綻、スイスショックなど。金融工学では説明できない事が、起こりえる世界なんです。

だから、せめて自分の売買ルールに、1%の確率で起こる最悪の事態を想定した資金管理のルールを組み込むべきです。

1%の確率で起こる最悪の事態だって・・?

もし、こう思われるなら、おそらくあなたの資金管理のルールには欠陥がある可能性が高い。そして、その欠陥、弱点によっていきなり破産する可能性を秘めている。潜在的なリスクは可能な限り除去するべきでしょう。

→ 勝てるFX手法でも資金管理を誤れば簡単に破産だ、その解決法

 

4つ目「情報の価値を見誤る、あるいは過大(過小)評価する」

これは知らぬ間に陥っている人も多いと思います。

仮に、今あなたがドル円でロングポジションを建てたとします。105.750で約定し、その後105.850まで、あっという間に10pipsほど利が乗りました。そろそろ利確してしまおうと思ったところ、レートが下がり始め、建値に戻りました。

ここで逆指値などを建値に入れている人は賢いのですが、現実には逆指値注文を入れずにポジションを建てる人も大勢います。そういった人たちは、おそらく悔しいと感じて、決済をせずに「利が乗ってきてから利確してしまおう。」と考えるのです。

結果的に含み損に変わってしまい、決済ができずにドンドン含み損を膨らませていく。肥大化した損失を見て、きっと以下の行動を取る。

  1. ブルームバーグなどのニュースサイトで、エコノミストがドル円は上がると言う記事を探す
  2. ドル円は上がるという情報をTwitterなどで得て、ポジションを持つことを正当化する
  3. 情報ではドル円は上がるはずなのに、実際のレートは下がり続ける
  4. 耐えられないと思ったところで大きな損切りをしてしまう
  5. 何故かドル円は自分の損切りをしたところから反転し始める

心当たりがある人は多いはずです。僕もそうでしたから(笑)

以上の行動で特に問題なのは、ポジションを持ち越したことはともかく、情報の選び方です。ブルームバーグのエコノミストが円安になると言っている。しかし、反対にウォール・ストリート・ジャーナルのエコノミストは円高になると言っているかもしれないし、日本経済新聞のエコノミストも円高になると言っているかもしれません。

もしかすると、勝ち組のブログで円高予想が出ているかもしれません。他にも情報はあるのに、自分にとって良い情報だけを選び、自分にとって不都合な情報は過小評価してしまう。

心理学の世界では、確証バイアスと呼ばれている人間の本能の一つです。このバイアスがあるが為に、マーケットにはトレンドが発生したりするわけです。もし、確証バイアスに囚われていると感じるなら、メンタルの見直しが必要だと思います。

僕は中々メンタルの鍛え上げが遅かったので、含み損が膨らむ前に自動的に決済できるように、逆指値注文(ストップロス)を駆使していました。

 

5つ目「そもそも統計的有意性のあるトレードをやっていますか?」

ある意味、核心的な原因だとは思っています。多くのトレーダーが採用している売買ルールのほとんどが、統計的有意性を持たないルール。実際には、ルールなんて持たずに直感でトレードしている方も多いと思います。

しかし、そういった統計的有意性も無い、理論的な根拠もない売買ルールに基づいたトレードは、往々にして大失敗を招きます。

以下の5つの売買ルールは、初心者向けの本や初心者向けのブログに良く見られるルールです。

  1. 移動平均線がクロスしたら売買
  2. RSIが70を超えたら売って、30を割ったら買う
  3. ボリンジャーバンドの下限に触れたら買う
  4. 20日前の高値を超えたから買う
  5. かなりの勢いで上がり続けて止まったから売る

どれもFXで勝ちたいと志す人なら、必ず見たことのあるルールのはずです。しかし、これらの売買ルールに、本当に統計的有意性はあるのか。僕は売買ルールについて考えるようになってから、テクニカル分析単体の無力さに落胆しています。

そして、勝ち組の人には「売買ルールなんて関係ない、すべてはメンタルだ。」と、本気で言っているように聞こえる人もいるので、これが更に厄介な原因になっていると感じています。

なぜなら、どれだけ強力な鋼のメンタルを手に入れて、その結果、あらゆる損切りを忠実に執行できる強靭な精神力を身につけたとしても、使っている売買ルールに統計的有意性や再現性が無ければ、トータルで勝てないからです。

極論を言いますが、メンタルだけを100点満点にしても、勝率は50%が良いところですよ。(マーケットはランダム性が強く、優位性を持たなければ勝率50%に収斂するはずだから)

だからメンタル面に問題はないのに、と感じているなら、すぐに売買ルールの見直し・最適化を行うことをおすすめします。さっき挙げた5つのルールの続きを話します。

以上に挙げた5つのルールには、以下の危険性が伴う。

  1. 移動平均線がクロスした時点で相場が停滞する
  2. RSIが70を超えても相場が上がり続け、RSIが90になってしまった
  3. ボリンジャーバンドの下限で買ったのに、相場は下値を更新し続けた
  4. 20日前の高値を超えて買ったけど、高値更新した後、相場は逆転してしまった
  5. すごい勢いなので売ってみたけど、その後もずっと上がり続けた

こういうことって良くありますよね。テクニカル分析って使えない・・。と思ってしまうが、もう少し深掘りして考えてみます。

例えば、RSIが70を超えても上がり続ける、という現象があるならRSIが70を超えたら買うという方法。ボリンジャーバンドの下限で買ったら相場は安値を更新し続けた。という現象があるなら、ボリンジャーバンドの下限に触れたら売るという方法。

という風に、逆説的に考えていくんです。もちろん、僕自身はテクニカル分析単体の有効性には懐疑的ではありますが、売買ルールを模索する上で常に逆説的に考えていくアプローチは意外と有効です。

oh

例えば、このように移動平均線のデッドクロスを確認後、ボリンジャーバンドの下限に振れて、一度は跳ね返ったものの再び移動平均線へ叩かれてしまった。だからここでショートポジションを建てた。

手法の弱点も、考え方を転換すればこのように、多少はマシな手法に姿を変えます。

逆説的に考える。売買ルールを模索していると、そこから新しい仮説が生まれたりします。そして仮説を検証する(デモトレードやバックテスト)。その結果がとても酷い結果だったら・・、落胆せずに、すぐに売買ルールを正反対にして再度検証してみれば良いのです。

1

例えば、新しい売買ルールを検証したら、こんな資産曲線になってしまった。負けるばかりで全く稼げないゴミのような売買ルール。

2

と、見せかけて。売買ルールの執行条件を正反対にしたら、案外勝てる売買ルールだった。なんてこともあるんですよ。10年くらい前には、移動平均のクロスオーバーシステムでも、ゴールデンクロスでロングしたら勝てないけれど、逆に売ってみたら案外勝てたシステムもあったそうです。

初心者向けのFX本やブログで紹介されている売買ルールを正反対にして検証してみる。売買ルールの探し方の一つとしては使えます。

 

FXで勝てないと思ったら確認する項目まとめ

  1. 損切りの回数が多すぎないか、そもそも適切な損切りができているか?
  2. 売買ルールを持っているか、持っているならルールに従っているか?
  3. 資金管理のルールを持っているか、あるいは間違っていないか?
  4. 確証バイアスに囚われていないか?
  5. そもそも統計的に見て勝てる売買ルールを使っていますか?

以上の5点を挙げさせてもらいました。

ある程度FXを経験している人で今負けているなら、1番の損切りの手法の問題や、3番の資金管理のルールに欠陥があるなどの原因が考えられる。

まったくの初心者で、負け始めているという人なら、2番の売買ルールを持っているか、いないか、という問題や、ルールを持っていても、肝心のルールが統計的有意性を持たないゴミルールか。

あと、鋭い人はここまで挙げてきた要因を見て、あることに気づくかもしれません。それは「トータルで勝てる売買ルールを持っていないと、メンタルを備えても勝てないってことですか?」ということに。

僕は今でこそ勝ち組に入っていますが、よく言われている手法なんてどうでもいい、メンタルが重要だ。と、言うつもりは全くありません。僕自身は3年間、負け組で、とあるFXの教科書に出会って再現性のあるモデルに出会ってから、勝てるようになっています。

今はその教科書から離れて、まったく新しいアプローチや見方を試していて、もっと効率良く利益を出せて、マーケットの本質を突いていそうな普遍的な手法の研究を続けています。

じゃあ、手法こそが全てで、メンタルはどうでもいいのか? これもまた間違いです。FXで勝ち続けるために必要なもの、それは統計的有意性があり、トータルで勝てる売買ルール(モデル)を持っていること。

そして、その売買ルールをルール通りに執行し続けるメンタル。そしてさらに、不測の事態が起こっても破産しないように設計された資金管理のシステム。

  1. 手法(Method)
  2. メンタル(Mental)
  3. 資金管理(Money)

この3つの要素はFXで勝ち続けるために、必ず必要になる。

 

手法について、まだほとんど検討していないという人は、以下の記事で統計的有意性のある売買ルールについて、検討してみてください。

→ FX初心者でも簡単にできる、トータルで勝てる売買ルールの作り方

 

メンタルは、一言にメンタルと言っても色々とあるので体系的に学ぶのは難しい。もし、自身がポジポジ病であるなら以下の記事を。

→ 分かっているのに治せないポジポジ病を、心のすり替えで治す方法

とりあえず簡単にFXで必要なメンタルってどんなもの? ということを知りたいなら。

→ Testosteroneの名言ツイートに学ぶ、FX常勝の秘訣まとめ

 

資金管理については、以下の記事を参考にするとわかりやすい。

→ 勝てるFX手法でも資金管理を誤れば簡単に破産だ、その解決法

スポンサーリンク

 - FX勝ち組の思考