LosersFX

損切りが出来ない負け組のあなたに送る、FX勝ち組へ這い上がるための本気のブログ

FXにおける優位性のあるトレード機会、優位性のあるエントリーとは?

      2016/07/20

0

初心者は手法を求める際に、とにかくどこからエントリーすれば稼げるかを考える。そして、このことを諭す投資本が多いことを知っている。

トレードはエントリーが全てではない、どの位置から入り、いくらで損切りし、どこで利確するのかを事前に見積もること。そして計画通りのトレードをこなすことが重要だと。

確かにそうなんだが、僕は敢えて言いたい。エントリーは非常に重要な部分ではないかと。そもそもエントリーが正しく出来なければ、その後の損切りも無駄な損切りになり得るし、利確もエントリーに対して欲張っている価格帯になりかねない。

 

 

優位性のあるトレード機会とは?

FXの構造はゼロサムゲームです。相場に残されている利益は有限であり、しかも手数料や税金によって更に収益源は削られてしまいます。このような参加すること自体が損そのもののような世界で利益を挙げるのは難しいです。

1

誰かの利益は誰かの損失であり、トレンドに乗って自分が調子よく利益を挙げられている状況は、その分誰かが延々と損失を被っているおかげです。

自分の利益が誰かの損失によって生み出され、かつ勝ち組と負け組の比率が1:1にならずに1:9とべき分布することからも、FXの世界では想像絶する競争が繰り広げられていることが容易に想像できる。

圧倒的大多数が損失を蒙り、圧倒的少数が莫大な利益をあげ続ける。この世界でどうやって生き残るのか、大切なのはトレードをする際の「優位性」です。仙人のようなメンタルや、堅牢な資金管理法があっても、それらはあくまでも死なないためであり、優位性を持っていなければ勝つことは出来ません。

2

どうすれば優位性を得られるのか、言い換えれば相場における少数派とはどういうことなのかを説明すると、このような図になる。上のチャートはドル円のチャートだと思ってください。

そして肝心なのが下の買い玉のチャートです。FXには中央取引所が無いため実際のところどのように玉が変化しているのかは分かりませんが、取引所FXであるくりっく365が買い玉と売り玉の情報を公開していた時期がありました。

その公開されていた情報に基づけば、だいたい相場参加者の玉の変化は、図に示した買い玉のチャートのようになると考えられます。

面白いことに相場が下がっている環境下でも買い玉は増え続けているのです。ただ、相場を動かすのは常に新しいポジション(と決済)であり、塩漬けされたポジションは決済されないかぎり相場に影響を与えません。ということは、相場が下がっているにも関わらず買い玉が増え続ける現象が意味するのは「損切りできずポジションを持ち続ける負け組が本当に多い」ということです。

しかし、負け組の口座残高は無限ではありません。最初に言ったとおり、FXに存在するお金の量は有限。ですから、いつかは決済してしまうしか手がないのです。耐え切れずに損切り(決済)されることで相場は一気に反対方向に動きます。

これが俗にいう「自分が損切りした瞬間に、相場が思っていた方向に動き出す現象」の主な原因です。それによく見ると買い玉が一気に減ったあとに、再び買い玉が増えています。これはショートをしていた人たちが利確(決済)を行ったからですね。

そして、そのような行動が何度か繰り返されることによって相場の買い玉と売り玉のバランスが反対方向に傾いて、相場が転換します。

ここから考えられる相場における少数派は、単にトレンドが発生した時にどれくらい速く、そのトレンドに参加しているかです。トレンドの起点から参加しているトレーダーは圧倒的少数派だと言えるでしょう。

現実にはトレンドの起点から参加するのは非常に難しく、ほぼ不可能と言っても良いと思います。負け組が月間の収支プラス程度を目指すなら、起点は目指さずにトレンドの途中(なるべく序盤)から乗るほうが良い。

では、どのようにトレンドの序盤からエントリー、つまり優位性のあるエントリーが出来るのか。この点を考えていきますが、その前に優位性の無いエントリーについて先に考えます。

少数派の行動から逆算する「やってはいけないトレード」

5

相場はゼロサムゲーム。自分が利益を出すためには、誰かの損失に乗っかるしか無い。さて、この相場展開から、どのように仕掛けるべきなのか。相場はここからブレイクアウトしそうですが、これは相場が転換したことに気付かずに戻したところで果敢に売っている人たちの存在や、しぶとく塩漬けしたものの、耐え切れずに決済し始めた人たちが出てきたから。

そして少数派は多数派の売買行動を先取りし、買いへと切り替え始めている。ここから更に相場が動くためには、今後も誰かが引き続き買いを行ってくれるか、塩漬け勢の損切りや、しぶとく売っている人たちの損切りが出る必要がある。新しい玉が出なければ、相場は動かない。

つまり、少数派が利益を出せるのは、後から負け組が相場に参入していくるからに他ならない・・。

6

このように、後から買いを行ってくれるトレーダーがいるから、少数派は利益を上げられる。トレンドが進めば進むほど、参入するだけ不利になる。利益を積み上げているトレーダーは少数ではあるものの、その利益の額も大きい。

そして後から参入するということは、それだけ自分の参加した価格よりも下の価格から参加しているトレーダーたちを儲けさせることを意味する。ゼロサムゲームである以上、トレンドが進めば進むほど残された利益は少ないのです。

7

更に相場が進み、少し停滞し始めました。さすがにここから参入するのは危険過ぎるでしょう。積み上げられた利益の額は相当のものですし、一方的な上げ相場では多少腕が悪くても利益を挙げられるため、勝ち組と負け組の比率も2:8程度には歪んでいる可能性が高い。

このような環境では、いざ決済行動が起こった時に積み上げられた利益と同等の損失を、後から参入したトレーダーに押し付けることになる。ゼロサムゲームでは、絶対に誰かがケツをふく必要がある。つまり・・・。

8

トレンドの終盤での参入が意味することは、見ての通りだ。少数派に圧倒的利益をもたらすために、後から参入した多数派に圧倒的損失をもたらす。自分のトレードは誰にとって「得」なのかをよく考える必要がある。トレードは世界規模のオンラインゲームであり、対人ゲームです。

優位性がほとんど残っていないトレードとは遅すぎる参入です。大抵の場合「トレンドが出てきているな。そろそろ乗るか。」と思った頃にはトレンドは終わります。少数派はトレンドが出る前から乗っているし、少なくともトレンドが出たと感じた時点で可能な限り素早く参入しています。

誰が見ても「トレンドだな。」と分かるような相場に、もう利益はほぼ残っていない。よほどファンダメンタル的に傾きが発生していないかぎり、誰が見てもトレンドと分かるトレンドに乗るのは避けるべきだろう。

まぁ、相場の面白いところは「これだけトレンドが発生してるんだし、参入するのは遅すぎないか?」と思う人が多数派になってしまうとトレンドフォローに徹する方が利益が出てしまうというところだ。2014~2015年頃の、対ドルでの東欧通貨売りや、ユーロ売り相場が、まさにそうだろう。

 

優位性のあるエントリーを考える

参入スピードが優位性に繋がるなら、エントリーは速いほど良い。誰の目が見ても明らかに株高だと分かる局面では、雑誌やメディアも「株高」だと騒いでいる頃だ。しかし、そこから参入するのは遅すぎる。

株高になると分かっている連中が、最初から利益を挙げまくっていて、少数派たちが負け組を踏み台にして積み上げた莫大な利益が決済される時、後から参入した初心者も同然の個人トレーダーはあっという間に餌食にされます。

株の世界では大抵、多数派の個人トレーダーに圧倒的損失をなすりつけて圧倒的利益を持ち去る連中は外資系の投資銀行だったり、ヘッジファンドだったりします。

9

では、このような相場があったとしてどこから参入するのが良いのでしょうか。値動きに対する天才的な感性を持つトレーダーや、明確にレンジ・トレンドを区分する手法を持ったトレーダーは。

10

このあたりでショートを始めています。しかし、これはあまりにも難しい。

11

なら、ブレイクアウトを狙って安値に触れたところでエントリーするのが得策か? これもまた微妙なんです。レンジ相場が明確に終わったのかどうかは、その時点では判然としない。(これを見分ける技量を持ったトレーダーは確かに存在するが)

もしかすると、自分のエントリーした位置がちょうど転換点で、買いトレンドの起点から乗り始める圧倒的少数派に損失をなすりつけられる可能性すらある。ブレイクアウトが起こるのが確定という前提でエントリーするのは危ない。

10~20年前なら、ブレイクアウトは優位に機能しやすかったかもしれないが、今はHFTなどのアルゴリズムが発展したことや、ブレイクアウト自体が有名になっていることから、騙しが頻発しやすいんですよ。

12

ならば、これがベストなエントリーになり得るのではないか。ブレイクアウトしたことは確認しているし、相場の前後を確認するとトレンドを形成し始めているようにも見えるだろう。「トレンドかも?」と、少しでも感じたトレーダーが参入する可能性もある。

そしてもう一つ、ベストなエントリーである理由がある。それは損切りの設定を非常にしやすく、リスクリワードの高いトレードを実現させやすい点だ。

13

相場に絶対はない。ブレイクアウトしたと思ったら、その後あまり方向性を出さずに、このように買いトレンドの起点になってしまうこともある。しかし、エントリーが良いため損切りは単に建値か、ブレイクアウトしたポイントのほんの少しで良い。

14

もし、建値付近での損切りが意味のない損切りで終わってしまうことが恐ろしいなら、ATRの1.42倍などを用いた損切り設定でもいいだろう。個人的にもATRによる損切りは気に入っている。僕自身としては、このようなエントリーを行う時は損切りは狭く設定しますが。

15

ブレイクアウトではなく、ブレイクアウトした後の戻しや押し目(第2波)を狙うエントリーは、損切りも抑えやすく、トレンドの早い段階から参入できる可能性を秘めているため、リスクリワードが高くなりやすい。

【コラム】大台を意識したブレイクエントリー

16

ドルストレートの通貨ペアの場合は、大台をブレイクラインとして意識したエントリーも未だに一定の優位性があります。理由は定かではありませんが、やはり米ドルが世界の基軸通貨である以上、キリの良い数字は「取引に使いやすい」という意味合いがあるのかもしれません。

取引に使いやすいとは、トレーダー的な観点ではなく、何らかの企業が外国企業との取引をするときに使いやすいという意味合いです。(いわゆる実需的な動き)

で、ドル円のチャートを見ていると大台を意識したトレードは損切りを抑えて優位なエントリーが行い易いように見える。

17

大台を狙う際も、基本的にはブレイクアウトした方向の第2波を狙うのがベストです。大台に辿り着いたから逆に売買するなんてトレードはギャンブルです。

 

第2波を狙う今回のエントリーを売買ルール化

20

ドルストレートペアを使う。大台をエントリーの基準として、大台を抜けたら第2波を狙って、その方向にトレードする。損切りは自分のリスク許容度に応じて設定すれば良い。

僕の場合は大台だからといって綺麗に大台にピッタリはまるとは思っていないので、ある程度のブレに振り回されないためにATRの1.42倍を使っている。

21

なお、勘違いしてはいけないのはあくまでもこのエントリーはトレンドを確認してからのエントリーは大抵遅すぎる可能性が高いため、可能な限り少数派に近づこうとトレンドの序盤から参入することを狙っているだけだ。

決してレンジ・トレンドを区別しているわけではないので、当然負けることも多い。上のチャートを見ての通り、大台を抜けてから第2波を忠実に狙い、ATR1.42倍のストップを用いたとしても、ダメな時はダメなのだ。

勝率はせいぜい30~40%が良いところだろうが、トレンドが発生してしまえば損失をほとんど回収できるので、損切りを忠実に行っている限りは大きく損を負うことはないだろう。

買いと売りが拮抗してトレンドが転換するかもしれない局面(大台や、直近の支持・抵抗帯)で、運が良ければトレンドの序盤から乗れるかもしれない。それくらいのイメージで使ったほうが良い。

 

まとめ

  1. 後から参加すると、先行組に損失を押し付けられる可能性が高くなる
  2. だから優位性とは、どれだけトレンドに先行して乗っているかということになる
  3. ブレイクアウトの第2波狙いは、運が良ければトレンドを最初から捉えられる可能性がある

移動平均やRSIなどと言ったテクニカル分析を使わずとも、大台や注文がぶつかり合う支持・抵抗の価格帯を狙ったトレードには一定の優位性がある。特に決着が着いた後に形成される第2波を狙うエントリーは、損切りが少なく済む利点がある。

そして決着がついている可能性が高いため、エントリーしてからその方向に動き、特に難しいことをしていないのに圧倒的少数派の側につける可能性があるのも利点だ。もちろん、トレンド・レンジを区別しているわけではない点に気をつけたい

そのため勝率自体は低くなる可能性があるが、仮に勝率が30%だった場合、収支ゼロラインに必要なリスクリワードは2.3程度にすぎない。つまり、損切り10pipsなら、利確23pips程度で収支ゼロになる。

だが、この方法はトレンドを最初から捉えられる可能性があるし、エントリーと損切りが密着しているため、リスクリワード比率は当然高くなる。中々利益が出ずに悩んでいる人や、そもそもポジポジ病に陥ってしまっている人は、この方法を一度試すと良いかもしれない。

ロジック自体はシンプルだが実際にやってみると結構難しい。ポジポジ病なら、尚更キツイところがあると思う。思ったよりもエントリーしても良いチャンスは少ないからだ。しかし、優位性のある機会は往々にして限られているのも、また真理です。

スポンサーリンク

 - FXで勝つ手法