LosersFX

損切りが出来ない負け組のあなたに送る、FX勝ち組へ這い上がるための本気のブログ

分かっているのに治せないポジポジ病を、心のすり替えで治す方法

      2016/07/20

0

FX初心者を負け組へと転落させる決定的な原因に「ポジポジ病」というものがある。この病は非常に恐ろしいもので、エントリーする必要のないところで無性にエントリーしてしまって損失に終わったり、急速な値動きの中で我慢できずに売買して爆損で終わったりと、とにかく良いことがない。

そして、さらに厄介なのが「ここでエントリーしても無意味だ。あれ?エントリーしてしまった!」といった具合に、本人にポジポジ病の自覚があったり、無意味な行動だと理解しているのにそれを本人の意志で止められないところに大きな問題がある

僕もそうだった。本当にひどかった。これはダメなエントリーだが・・と自覚があるし、理解しているのにポジションを建てることをやめられない。もちろんそのようなエントリーに優位性も何もないので、ほとんどが損失で終わる。

この記事では、過去の僕のようにポジポジ病を治せなくて困っている人のために少しでも病を改善できるヒントを紹介してみます。

 

損失を限定するという概念

まず、損失を限定するという概念を受け入れます。損失を限定するとは、つまり負けにくい局面で戦いを挑み、負けやすい局面では手を引いて画面の前で冷静に待つということ。

書いてみれば簡単なことですが、ポジポジ病に陥っている人にとっては非常に難しいです。僕も、頭では理解していても心が受け入れてくれなくて本当に苦労しました。

ですが、あなたが今ポジポジ病に困っていて、かつ本気でFXで稼ぎたいと考えているなら、ポジポジ病は必ず克服しなければならないし、無意味なエントリーは極力避けなければならない。

負け組が負けている理由と原因

なぜ、負け組は負けているのでしょうか。理由はとても簡単で、利益を挙げたトレードよりも損失を出したトレードの方が多いからです。トータルで見て利益を残せていない。だから損失の方が大きくなって、結果的に資金が減ってしまう。負け組に堕ちる。もう少しわかりやすいように、実際にエクセルで計算してみました。

1

赤線が利確の合計。青線で損切りの合計です。灰色の線が、利確と損切りを合計した線。見ての通り、損切りのほうがトータルで多いので、資産曲線も右肩下がりに成らざるを得ません。これが負け組の特徴です。

では、なぜ負けてしまうのか。理由はわかりましたが原因は?原因は損失を出すトレードが多いこと、もっと言うと無意味なトレードが多いからです。

2

例えば、移動平均線のゴールデンクロスを確認した後に価格が伸びて、そして移動平均線に戻ってきて押し目を形成したところでエントリーする手法を採用したと仮定します。

このルールの場合、まずは移動平均がクロスして、そして伸びるまで待ちます。さらに、伸びた後に移動平均に戻ってくるところを狙うわけです。(実際に画像のチャートと見比べて、確認してみてください。クロスには騙しが多いことがわかります。)

文章に書き起こしてみると、シンプルで簡単で待つだけの売買ルールです。しかし、ポジポジ病の人にとってはかなり苦痛な売買です。なぜなら、ポジポジ病を抱えていると移動平均がクロスした時点で買いたくなるし、そこから価格が伸び始めると自分がまるで機会損失をしているように感じてしまって余計にエントリーしたくなる。それらの誘惑や苦痛に耐えて、ようやく移動平均に戻ってきたところでエントリーできます。

僕もポジポジ病の経験があるので痛いほど分かるのですが、とにかく待つのが辛い。特に自分が画面の前で何もせずに機会損失をしているような、あの感覚が辛い。

ですが、この辛い感覚は人間の本能に基づくものです。そしてマーケットの世界では本能に従って売買していると確実に理性的な勝ち組に食われしまって損失を出します。

マーケットで優位な位置を確保するためには、まずはこの本能に逆らうことです。ではどうやって本能に逆らうことが出来るのか。それには心の訓練が必須になります。

なぜ、損失を限定できないのか?

負け組が負ける理由と原因が、無意味なトレードやリスクを限定できない局面でエントリーすることにあることは解説しました。そして、分かっていても実行できずついついポジションを取ってしまう心理的な問題点も浮き彫りに出来たと思います。

なぜ、エントリーを我慢できないのか。それは稼ぐという気持ちが前面に出過ぎているからです。エントリーを我慢できない心理的な背景には、激しく動く値動きを見たら機会損失をしている気分になる、ルール通りにやっていても予想外の値動きがあれば機会損失をしている気持ちになる、機会損失を続けていると稼げたはずが実際には稼げていないと思うようになり、ますます心理的に辛くなる。

そして、その辛い思いが怖いから先手を打ってしまうように心が悪い方向へ修正される。誰だって辛い思いはしたくない、だから辛い思いをするくらいなら行動してしまえと。こうした結果、負け組はポジポジ病に陥り、エントリーを我慢できなくなってしまうのです。

僕の経験でも、心を分析してみるとだいたい書いた通りの状態になっていました。

ですが、FXのマーケットは非常にランダム性が強く、行き当たりばったりの売買をしていてはすぐに資金が底をつきます。負け組は何よりも負けないトレードを心がけないと、永遠にマーケットで勝ち組になることが出来ません。

心を鍛えないとポジポジ病は解消できない。勝つためにはポジポジ病は害悪そのものでしかない。我々トレーダーがマーケットから収益を上げるにはルールに従い、必要な局面でのみ売買を行う。

もう少し正確に言うと、自分にとって優位性のある局面でのみ売買を行って、収益を得られる可能性を高めるということ。そのために、収益を下げる要因にしかならない無駄なエントリー、つまり売買のノイズは極力削減する必要がある

もし、あなたが勝ちたいなら、ぜひ心を鍛えてポジポジ病を解消してください。

売買ルールを作り、順守する

心の鍛え方。難しい問題ですが、心を鍛えないことにはポジポジ病は解消できない。

さて、ポジポジ病が発症する心理的背景についてもう一度説明します。相場参加者、特に初心者や負け組トレーダーの最大の目的はマーケットから収益を挙げる、つまり稼ぐことに集約されます。

目的が稼ぐことなのに、マーケットでそれが実現されないと心は消化不良を起こします

「今の値動き、取れたら稼げたよな。」
「ただ見てるだけで稼げなかった。」
「稼ぎ損ねるくらいなら、エントリーしたほうが機会を活かせるんじゃ?」
「値動きがある、まだ動くかもしれない。ポジションを取ろう。」
「分かっている。売買するべきではないと、でも機会損失するかもしれない。」

by 過去、負け組だった僕

だいたいこんな感情だと思います。繰り返し消化不良を起こし続けると、間違いなく心は心理的ダメージを負います。その結果、人間の本能によって心理的苦痛を前もって避けようとする作用が働きます。この苦痛回避のメカニズムがトレードで利益を挙げる上で信じられないほどの障害を引き起こします。つまり「ポジポジ病」です。

人間の本能である苦痛回避のメカニズム。本来はマーケットで損をすることが苦痛だったはずなのに、いつの間にか機会損失をすることが苦痛に入れ替わり、機会損失を避ける、つまり苦痛を避けるために過剰なトレードを行うようになるのです。

このメカニズムを理解してみると、損失が苦痛だったはずなのに、苦痛の原因が機会損失にすり替わったということになります。ポジポジ病を解消するには、苦痛の原因をすり替える必要があると考えられます。

まず、我々トレーダーの目的を思い出しましょう。トレーダーの目的とは何だったでしょうか?思い出しましたか?

「利益を出すこと」
「稼ぐこと」

だいたいこの2点が目的でしたよね。では、利益を出すために必要なことは何なのか。それは損失よりも多い利益を挙げて、トータルで収益をプラスにすることです。

負け組が負け組になるのは、負ける量がとにかく多いからです。負ける量を減らすには自分を律する必要がある。そしてそのために心を鍛えなければならない。心を鍛えるには、心の訓練が必要です。苦痛回避のメカニズムを抑えつけて、自分を律して、穏やかな精神状態でトレードを行えるようにならなければならない。

心の訓練には、やはり売買ルールを構築することが重要です。そして、ルールはとても簡単でシンプルなルールで構いません。ポジポジ病は一種の心理的な病なのでハードルの高いルールを設定しては本末転倒。

例えば、僕の場合は損切り20pipsだけのルールを採用していました。エントリーや利確のルールは一切なし。単に、損切り20pipsだけの拍子抜けするようなルールです。このルールの目的は、損切りが20pipsと狭い範囲のため、いい加減な売買をすると簡単にルールに引っかかり、損失という苦痛を負うことにあります。

このルールはエントリーの条件を指定していないため、いつ、どこからでもマーケットにエントリーしても全然問題ではありません。

しかし、分かっている通りいい加減な売買は往々にして良い結果をもたらさない。損切り20pipsルールは僕にとって非常に効き目がありました。適当な売買をしていてはすぐに損切りです。ならば、損切りに掛からないように慎重な売買を心がけなければならない。

このルールに従って売買を続けることで、少しずつ心の苦痛の原因をすり替えることに成功しました。機会損失は苦痛ではなく、損失そのものが苦痛だと。損失(苦痛)を回避するには、エントリーに最大限注意をして慎重なトレードを心がけること。

苦痛回避のメカニズムは、勝ち組になる過程で克服するべき問題ですがポジポジ病を抱えているようでは、そのようなことは不可能です。

ですから、ポジポジ病を抱えているような状態の人は、まずはこの苦痛回避のメカニズムを上手く利用できる売買ルールを設定しましょう。僕の場合は損切り20pipsルールでした。

ポジポジ病を克服できたら

売買ルールに自分を縛って売買を続けていると、ポジポジ病は自然と解消されるはず。ポジポジ病の原因は、機会損失が苦痛の原因にすり替わってしまうこと。だから、苦痛の原因を再び都合のいいようにすり替えることが出来れば、ポジポジ病は治るのです。

さて、そうしてポジポジ病を克服したら、次は苦痛回避のメカニズムから開放される必要があります。勝ち組トレーダーは、トレードに対して苦痛や喜びと言った一切の感情を持っていません。なぜなら、今後数千回と繰り返される事象の内の、たった1度の事象に過ぎないからです。以下に図で示します。

3

これが初心者や負け組にありがちなトレードのメンタル状況です。1回1回の結果を非常に重視しており、勝てば傲り、負ければ損を取り戻そうと過剰なトレードや、大きすぎるポジションを持とうとする。結果的に負ける。

4

それに対して、勝ち組は自分のポジションに対して、非常にドライです。少しでも自分にとって不都合なポジションになると感じれば、すぐに決済しますし、自分にとって都合の良いポジションだと感じたらホールドして利益を伸ばします。確率的思考に基いて行動するため、1回1回のトレード結果は極端に言ってしまえば、どうでもいいのです。

プロスペクト理論にも逆らっているため、常に利益を挙げ続けます。

だから、ポジポジ病を解消できたら、次はトレードに対して感情を抱かないようにすること。つまり、苦痛回避のメカニズムから開放されること。トレードに対して何の苦痛も喜びも感じないのであれば、苦痛を負う可能性を考慮する必要が一切ありません。

ポジポジ病を克服し、苦痛回避のメカニズムから開放された時、負け組だったトレーダーは一気に勝ち組の世界に近づきます。

 

まとめ

負け組が負けている理由は、単純に利益よりも損失のほうが多いから。損失の原因の多くは無意味なトレードに起因しており、大抵の場合本人も無意味なトレードを自覚しており、そしてその無性にトレードをしたくなる感情を抑えられない病、つまりポジポジ病を解消できないことに心的苦痛を感じることになる。

ポジポジ病の原因は、苦痛回避のメカニズムが非常に悪い方向へと修正されることにある。つまり、苦痛の原因は損失ではなく機会損失だと心が思うようになってしまうのである。こうなった時、人がトレードをする目的は利益を挙げるためではなく、苦痛を回避するためにあります。

苦痛回避のメカニズムが歪むことでポジポジ病は発症し、ポジポジ病はトレードで稼ぐという目的を達成する上で、極めて厄介な問題となる。この問題を解決するためには、苦痛回避のメカニズムを修正し、自分の心を鍛える訓練を行う必要がある。

心を鍛える訓練はとても簡単で、自分にとって簡単な売買ルールを作り、そのルールを貫き通すことだ。負け組だった当時の僕が作ったルールは損切り20pipsルールだ。この設定だと簡単に損切りされるため、エントリーに慎重にならざるをえない。

gyako

慎重なエントリーを心がけているうちに、心の中に潜む苦痛回避のメカニズムが少しずつ修正される。ポジポジ病の原因は機会損失に対して耐え難い苦痛を感じることだが、この苦痛の原因を「損切りにすり替える」ことが出来れば、ポジポジ病を解消することが可能だ。

苦痛回避のメカニズムの修正に成功し、ポジポジ病を解消できたら、次はトレードで勝つために障害でしか無い苦痛回避のメカニズムから開放される必要が出てくる。勝ち組トレーダーは揃って、トレードに対して特別な感情を抱いていない。

どのトレードも唯一の事象であり、今後何千回と繰り返される事象の内のほんの1回の出来事にすぎないのである。いちいち1回1回の出来事に構ってられない。勝てそうなポジションは伸ばすし、負けそうなポジションはさっさと決済する。

勝ち組トレーダーには苦痛回避のメカニズムがほとんど機能していない。なぜなら、トレードに対して苦痛も喜びも、何の感情も抱かないからだ。

我々負け組トレーダーが勝ち組になるためには、苦痛回避のメカニズムを克服する必要がある。そのためにはルールに従い、売買を繰り返し、損切りと利確を繰り返すこと。一種の慣れが心を鍛えてくれる。

トレードで勝つのは、心を鍛え、ポジポジ病を克服し、苦痛回避のメカニズムから開放された者だけだ。心のセットアップが完成した時、マーケットの眺めは一気に変わり、売買ルールの最適化のアイディアも浮かぶようになる。

長々と書いてしまったが、このテーマは僕自身も非常に苦しんできた。今でこそ開放されているが、ポジポジ病に悩むトレーダーの気持ちは痛いほど分かる。だからこそ、この記事を参考に是非ポジポジ病を克服して欲しい。勝つためには必ず必要だ。

まずは手始めに本当に簡単な売買ルールでもいいから、ルールを作って守ること。僕は損切り20pipsルールを採用していた。そのまま使ってもらっても全く問題ない。

スポンサーリンク

 - FX勝ち組の思考