LosersFX

損切りが出来ない負け組のあなたに送る、FX勝ち組へ這い上がるための本気のブログ

「損切りしましょう」を鵜呑みにしては行けない理由

      2016/07/20

0

FX初心者がマーケットで売買を始めて、最初のうちは勝てることはよくある。そして、その中には連勝を経験する初心者もいると思う。しかし、やがては負けてしまう。初めての損切りはFX初心者に心的ダメージを与える。

この苦痛が原因となって、初心者はこのように考えるだろう。

「そうだ、勝てたこともあるんだから、投資に関する勉強をすればもっと
安定して勝てるようになるはずだ。よし、投資本を読もう!」

by FX初心者

おそらく、FXに対してある程度真面目に取り組むつもりの人間なら誰だってこのように考える。僕も例外ではない。

 

初心者には損切りが推奨される

初心者向けを謳った投資本を読んで行くうちに嫌でも目につくのが、ポジションに損失が出始めたら素直に損切りを実行しましょう、という一文だ。投資のイロハと言ってもいいほど、損切り推奨は有名です。

さて、ここに恐ろしい罠がある。僕自身も非常に悩み、多くのコストをマーケットに支払ってきた原因だった。それは損切りとは資産に対して、決してプラスの効果をもたらす行動ではないという現実。

マーケット参加者の大半は、小さく利益を挙げて大きく損失を出します。いわゆるコツコツドカンというタイプで、大抵の人がそうやって退場していく。損切りの目的とは、このコツコツドカンのドカンを避けるためにある。

昔の僕も含め、初心者が陥る罠の1つは「損切り貧乏」です。投資本が推奨しているのだから、素直に損切りを実行すればいいじゃないかと。だが、待って欲しい。損切りの目的はあくまでも致命傷を避けるためであって、損切りという行動がそのままダイレクトに稼ぐということに直結していないのだ。

ここに初心者を負け組へと陥れる恐ろしいメカニズムが存在している。

ただ、損切りすればいい訳じゃない

初心者を負け組へと落とすメカニズムのひとつは、言うまでもなく損切り貧乏です。初心者は大きな損切りを事前に避けたくて損切りをするようになることがある。爆損をするくらいなら、損失が小さいうちに切ってしまえという考え方です。

ですが、マーケットはランダム性が非常に強く、エントリーしたと同時にポジションが即マイナスになることも多い。そのような状況で単なる恐怖心に基づいて損切りを連続的に行っていても、資金を闇雲に減らすだけです。

マーケットはもともと無意味なノイズが多く、そのほとんどがランダムに構成されている。もちろん、厳密にはマーケットは完全にランダムではないし、非ランダムな局面も僅かに存在している。だからこそ、我々トレーダーはマーケットからお金を引き抜くことが出来るのですが。

ただ、この話はこの記事の範疇を超えているため割愛します。詳しくは以下の記事を。

→ FXで勝つために必要な、ランダムウォークを打ち破る理論

で、話の続きですが、マーケットはもともとランダム性が強くノイズだらけ。意味のないノイズ的な値動きで、いちいち損切りしているとキリが無いのです。

僕もFXに取り組み始めて、勉強をするようになってから損切りを忠実に実行するようになりましたが、実際にはただマイナスが膨らむのが怖くて無意味な損切りをしているだけでした。

この無意味な損切りこそ、損切り貧乏の原因です。損切り貧乏は間違いなくトレードを上達させる上で障害にしかならない。しかも、無意味な損切りはじわじわと自分の心を蝕み、トレードを的確に行うのに必要な心のセットアップが困難になってしまいます。

では、どうやって無意味な損切りを避け、損切り貧乏から抜け出すのか?

損切りのルールを作るべき理由

拍子抜けするほど簡単かもしれませんが、損切り貧乏から抜け出す方法は単純に損切りのルールを厳格化するだけです。おそらく、恐怖心に基づいた無意味な損切りは、どれも損切りした時のマイナスがバラバラだと思います。そのマイナスをルールを作って完全に限定してしまう。

僕が自分を律し、縛り付けるために作った損切りのルールは20pipsで絶対に損切り。それだけでした。もちろん、20pipsに達しないかぎりは損切りを実行しません。なぜなら、自分の勝手な裁量で損切りすることはルール違反。つまり無意味な損切りだからです。

ルールを厳格に守って損切りをすることで、どのような効果が求められるのか。この点をもう少し深掘りして解説します。

ルールに自分を最適化せよ

売買ルールは自分を律するためのシステムです。マーケットで自分を律する必要があるのは、戦場で銃を持たずに歩いてはいけないのと同じ論理です。

マーケットの世界では、人はとても自由に振る舞うことが出来ます。エントリー、利益確定、損切り、保持、塩漬け、チャートを閉じる、希望的観測、認知的不協和・・。マーケットにいる人間は、何かと自由に振舞ます。

人間は元来、自由がとても好きな生き物です。特に現代社会に生きる人間はその傾向が強いです。サラリーマンなら会社に束縛されているし、既婚の人は妻(夫)に縛られていると言えます。学生も、基本的に学校が嫌いと思っている傾向があるし、学校なんて行きたくないと思っています。

しかし、現代社会で生きるためには自分の自由を捨ててでも束縛されることで生活できるシステムになっています。その反面、マーケットの世界では自分を束縛をするものは何もありません。

更に、自分を束縛しなくても運が良ければ稼げる世界でもある。この人間に元来備わっている性質こそ、マーケットで負けてしまう大きな心理的問題になってしまうのです。

売買ルールを作り、ルールで自分を縛りましょう。マーケットで自由に振る舞って勝ち続けられるのは、本当に限られた一部の天才だけです。我々負け組は、間違いなく凡人ですので天才の真似は絶対にしてはいけません。

僕も含めて、凡人は売買ルールを作るべきです。そしてルールにしたがって売買を続けてください。

ルールに従えば最適な売買タイミングが見える

売買ルールに従い、自分を律するトレードを繰り返すと、いずれあることに気づきます。それは無意味な損切りを生み出す原因となっているエントリーの存在です。

よく考えてみると、なぜ我々は損切りをするのでしょう。非常に答えは単純明快で、我々がマーケットにエントリーしたから。エントリーしたから、損切りが待ち受けている。この論理で行くと損切りを事前に避ける方法はエントリーをしないということになる。

実は、損切り貧乏は往々にして無駄なエントリーを繰り返す性質があります。損切り貧乏と並んで、トレーダーにとって非常に厄介な病。「ポジポジ病」ですね。負け組は揃ってポジポジ病に悩み、そしてポジポジ病が原因となって無駄な損切りを繰り返す構造になっている。

そして勝ち組には、そのような精神的な問題を抱えていないので精神的ハンデを負っている我々は勝ち組に狙われて損失を被るだけです。ですが安心してください。売買ルールに自分を縛って売買を続けるといずれ分かるようになります。どうすれば、無駄なエントリーを避け結果的に損切りから逃れられるのか。

損切りとはリスクを限定すること

損切り20pipsルールの目的は、リスクを限定するということを学ぶことにあります。エントリー行う前に、事前にリスクを限定しているのです。

損切りを出さないためには無駄なエントリーを積極的に避けること。これを実行するためには、チャートをよく観察し、本当にリスクを限定できるエントリーが可能かどうか吟味します。

売買ルールに従う売買とは、トレードを吟味する能力を身につけることに他ならない。損切り20pipsルールなら、どうすれば20pipsも逆行しない場所でエントリー出来るのかを考えるのです。

これの繰り返しで、いずれは無駄なエントリーと必要なエントリーに見分けがつくようになり、結果的に損切りの回数が減り、利確の回数が増えてきます。するとどうでしょう。トータルで利益が残るようになり、だんだんと勝ち組側に移行していくんですよ。

損切り出来ないなら尚更手法など関係ない

勝ち組は口をそろえて手法などどうでも良い。まずは損切りだ、と言いますが、この真意はそもそも損切り出来ない人間はどのような手法を手にしても一生勝てないという考えがあります。

損切り20pipsルールに従って売買していくと、いくらエントリーを見極めても負ける時はあっさり負けるし、勝てる時は意外にも勝てるという事実に気づきます。

つまり、どのような優秀な手法であっても損切りは確実に発生します。損切りが出来ない人間が、優秀な手法を手にしても結果的に負ける理由は損切りが出来ないことによるコツコツドカンに起因する。

ルールに従った損切りを行うことで、エントリーを吟味し、無駄なトレードを排除し、自分に優位なトレードが実行できるようになる。結果的に、自分にとって勝てる手法も自然も頭の中に浮かぶようになるはずです。

まとめ

FXで初めての損切りを経験したトレーダーの多くが、投資本などで勉強をしようと決め、実際に勉強をして知識を蓄えていきます。しかし、この行為自体はいたって自然で合理的なのですが思わぬ罠として、無意味な損切りを連発する心理的な障害、損切り貧乏に陥ってしまうことがある。

損切り貧乏に陥ると、中々改善が難しくなる。対処法として自分を律するための売買ルール、内容は損切りだけでも構わないので、とにかくルールを作って、そのルールに絶対に従って売買を続けます。

すると、損切りの根本的な原因がエントリーにあることに気づくはず。無駄なエントリーを避けて、リスクを売買ルールの範疇に制限できる局面でのみエントリーするようになれば、自ずと損切り貧乏は解消される。

損切り貧乏が解消されると、ポジポジ病も同時に解消される可能性が高い。こうなった時、負け組だったトレーダーは必要なエントリーと無駄なエントリーにある程度区別が付くようになり、結果的に勝ち組の思考を多少なりとも受け入れた状態を達成できるのです。

勝ち組の思考を受け入れると、とたんにチャートの見え方が変化する。エントリーしても行ける場所、エントリーすると高確率で損切りを迫られる局面、この見分けがつくようになる。そして、結果的に自分にとっての勝てる売買ルールが自然と手に取るように思いつくようになってしまう。

こうなったら完全にこっちの勢いです。あとは売買ルールを改善し、そして実践を繰り返し、問題を感じたら原因を突き止めてまた改善して実行。この繰り返しによって、確実にあなたのトレードは改善の方向に向かい、資産曲線も自然と右肩上がりになるでしょう。

ここまで内容をまとめると以上です。文章に書いてしまえば何やら簡単に聞こえますが、実際にやってみると中々苦しいです。ですが、掴むべき利益やリターンは、この苦しさやリスクを乗り越えた先にあるものです。本気で勝ちたいなら、是非、損切り貧乏を克服し、ポジポジ病を解消してください。

なお、自分がポジポジ病だという自覚がありながら、一向に治せなくて困っているという人には、以下の記事がおすすめ。人間の本能のひとつ「苦痛回避のメカニズム」を利用した具体的な解決法です。

→ 分かっているのに治せないポジポジ病を、心のすり替えで治す方法

スポンサーリンク

 - FX勝ち組の思考